So-net無料ブログ作成

海上保安庁に離島での捜査・逮捕権付与へ [海上保安庁]

今国会に改正海上保安庁法が提出される見込みとなりました。

改正の内容は、尖閣諸島や日本最東端の南鳥島、最南端の沖ノ鳥島など本土から遠く離れた島で不法侵入があった場合、警察官に代わって海上保安官が捜査や逮捕ができる規定を設けることだそうです。

海上保安官は特別司法警察職員のため、警察権の行使は「海上における犯罪」に限定されています。

今までも尖閣諸島に中国人が不法上陸した際も、わざわざ沖縄本島から警察官を派遣して逮捕しました。
それが海上保安庁法が改正されると、離島で不法上陸があった際、海上保安官が即座に逮捕できるようになります。

対象となる離島は、今後海上保安庁と警察庁が話し合って決定するそうです。

これが実現すれば日本の国土を守るためにも、大きな前進だと思います。

http://www.os-dream.com/

海上保安庁グッズ ・海上保安庁BOOK
巡視船グッズ    ・「海猿」グッズ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

中国、海上保安庁の調査に中止要求 [海上保安庁]

19日午後7時半ごろ、沖縄県の久米島から北北西約170キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内で、調査を行っていた海上保安庁の測量船「昭洋」に対して、中国国家海洋局の海洋調査・監視船「海監66」が接近し、昭洋に無線で調査の中止要求を出したそうです。

これはまたまた中国は横暴な態度に出ました。排他的経済水域での調査は、国連海洋法条約に基づくれっきとした国際的な権利です。
中国も国連海洋法条約を批准しています。調査が出来る権利は百も承知のはず。

何かしらの意図があるのでしょうね。

中国の横暴はこれ以上許すわけには生きません。

http://www.os-dream.com/

海上保安庁グッズ ・海上保安庁BOOK
巡視船グッズ    ・「海猿」グッズ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 船・船舶へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

ちょっとだけ経済学の話 [政治]

俺が考えた経済理論(?)「もしも民間の年収2,500万円以上の人が国家公務員と同じ割合だったら」http://osd.blog.so-net.ne.jp/2012-02-09-1は高所得者層の所得を減らして、低所得者層の所得を増やせば経済が活性化するという考えは、ナチスドイツが第一次世界大戦の敗戦、世界恐慌からドイツ経済を復活させた手法らしいです。

高所得者層は、所得が増えても貯蓄に回し、消費には回さない傾向が高いらしいです。それに比べると低所得者層は、日々の生活が苦しいため、所得が増えると生活費などとして消費にまわる確率が高いそうです。

服を買えばその産業が活気づきます。灯油を買えばその産業が活気づきます。食料を買えばその産業が活気づきます。それらが循環して市場が活性化され、景気が良くなることは、こんな俺でも考えつきます。

高所得者国家公務員の給与を減らせと言う平成23年の人事院勧告はある意味理にかなっています。
ただ、低所得の若手・中堅の国家公務員の給与は増やせといっていないのが残念です。減らした分は何に使われるか分かりませんから。

日本の中堅労働者は世界水準と比べると給与が低いとも聞きます。(データは後で探してみます)

ただ、政府は民間に役員報酬減らして、その分を社員に回せとは言えないでしょうね。

東電は役員報酬半分にしても3,600万円ですから~残念!

言わなくても分かると思うが [政治]

国家公務員給与が下がる。

農協・漁協・大手を除いた民間などの給与が下がる。

物を買わなくなる。

物価が下がる。

デフレに陥る。

民間企業の経営が厳しくなる。

税収が落ち込む。

消費税がさらに増税される。

さらに者を買わなくなる。

景気が後退する。

倒産する企業が増える。

失業者が増える。

さらに社会保障費が増大する。

増税の無限地獄に陥る。

スパモク [海上保安庁]

今夜7時から、スパモク!!『激撮!日本の海を守る海上 保安庁・密着24時』

海上保安庁の特番を放送してくれるのはTBSだけです。一応感謝。

この番組ではたまに一瞬だけどレアな映像が見られることがあります。前は密漁船に自動小銃を向けている映像が一瞬映りました。船影非公開の監視取締艇の映像が映ったこともあります。

皆さんお見逃しなく。

またまた増える海上保安庁のヘリコプター [東日本大震災]

すでに噂になっていましたが、昨日正式に海上保安庁からシコルスキーーS-76Dを4機発注する事が正式に発表されました。東日本大震災で被害を受けた機体の代替機のようで、また航空基地配備となりそうです。なぜアグスタ機じゃだめだったんでしょう?

これでまたヘリコプター搭載巡視船の搭載機後継問題は先送りです。
海上保安庁ではベル212を50年くらい使うつもりなのでしょうか?
今のところ、ヘリコプター搭載巡視船に搭載する機体は、メインローターを折り畳まないで済むか、自動折り畳み装置装備が条件です。なかなか条件に合う機体はありません。
自衛隊のUH-1Jでも導入するつもりでしょうか?

すでにベル212は30年選手です。
速く後継機を決めなければなりません。

海上保安庁の船への侵入 [海上保安庁]

横浜海上保安部で、巡視船に男が侵入し逮捕しれました。侵入したのは「ひりゆう」なので、正確に言えば消防船ですけどね。

アメリカの同時多発テロ以降、港湾の警備は厳しくなりましたが、まだまだ簡単に巡視船艇に近づける港はたくさんあります。中型巡視艇などは、出動時以外無人のことも多いので、ことのほか警戒が必要です。

ましてや今回の横浜海上保安部は専用バースがあり、繋がる通路は施錠されています。それでも侵入されたことについては、今後反省と侵入対策の強化必要ででしょう。北朝鮮の工作員出なかったことが幸いです。

ただ今回の事件で、海上保安庁と国民の距離が遠くならないように配慮をお願いします。

特殊救難隊の極寒氷下潜水訓練 [海上保安庁]

海上保安庁特殊救難隊恒例の氷下潜水訓練が日光の湯ノ個湖で行われています。

この訓練は、凍った海での救難を想定して行われています。精神鍛錬の目的もあるでしょう。
まず潜水予定地点までの数キロを機材をソリで引いて歩きます。そして予定地点の氷に穴をあけ、暗い氷の下に潜ります。潜っていられるの15分が限度と言われています。この潜水を何度か繰り返し、訓練終了後はまた元来た道を数キロ歩いて帰ります。

極寒の中、いざという時のため厳しい訓練を行っているのです。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。