So-net無料ブログ作成

警察と海上保安庁の関係 [海上保安庁]

さて警察はなかなか海上保安庁の車両を緊急自動車に認定してくれませんが、
容疑者追跡や、陸上での捜査などでは警察の協力を得なければならない場合もあります。

たとえば容疑者が船を捨てて地上に逃走した場合などは、当然警察の力を借りた方が容疑者を検挙できる確率が高まります。

一方で内偵捜査を行っている場合は、マンガ「海猿」第1話ではありませんが、警察と衝突することもあるかもしれません。

どこの現場も縄張り争いはあるものですが、日本の治安の維持のためには協力していってもらいたいものです。

ちなみに知り合いの入国警備官に聞いた話によると、入国管理局も危険な現場へは警察に先に張ってもらうそうです。

日本の治安維持のため、公安関係職は一致団結しましょう!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。