So-net無料ブログ作成

国家公務員採用抑制について [海上保安庁]

2013年度の国家公務員の採用数を2009年比で、7割だの8割だの削減するなどと言っていますが、
無理な話です。実施されれば本年度の採用数の半分以下ですよ。

仮にこの採用抑制を10年も続けたら国家の治安維持に大きな穴が開きます。年寄りばかりの海上保安官・入国警備官・刑務官となってしまいます。

そうなったら中国・韓国の犯罪組織は大喜びするでしょう。

その他にも組織の硬直化、平均給与の上昇を招きます。意欲ある若者が、国家公務員を目指さなくなる可能性もあります。

組織は、新しい人材が入ってこそ循環するものです。新人は、組織の潤滑油です。

某イオンの御曹司の頭に潤滑油でもさしてやりたいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。