So-net無料ブログ作成

またまた増える海上保安庁のヘリコプター [東日本大震災]

すでに噂になっていましたが、昨日正式に海上保安庁からシコルスキーーS-76Dを4機発注する事が正式に発表されました。東日本大震災で被害を受けた機体の代替機のようで、また航空基地配備となりそうです。なぜアグスタ機じゃだめだったんでしょう?

これでまたヘリコプター搭載巡視船の搭載機後継問題は先送りです。
海上保安庁ではベル212を50年くらい使うつもりなのでしょうか?
今のところ、ヘリコプター搭載巡視船に搭載する機体は、メインローターを折り畳まないで済むか、自動折り畳み装置装備が条件です。なかなか条件に合う機体はありません。
自衛隊のUH-1Jでも導入するつもりでしょうか?

すでにベル212は30年選手です。
速く後継機を決めなければなりません。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。